青汁はお湯で割っていいの!?栄養素が破壊されるって本当!?

2017年5月18日


青汁はお湯で割ると栄養素が壊れるという話を聞いたことがありませんか?

巷ではこのように言われて、青汁をホットで飲むことを否定的な意見が聞かれます。

しかし、この情報は本当なのでしょうか?

お湯で飲む青汁の効果はどうなの?

実は、これは半分本当のことであり、半分事実ではありません。

青汁の栄養素の中でも熱に強い栄養素もありますし、逆に、熱に弱い栄養素も少しばかりあるのです。

ですから青汁を温めて飲むと、この熱に弱い栄養素に問題が起こることがあります。

熱に弱い栄養素というのはビタミンCと酵素です。

この二つが入っている青汁には注意しましょう。

ただし、ビタミンCは、確かに少々熱には弱いですが、温めてすぐに飲む分にはそれほど問題はありません。

長いこと加熱すると影響が出ますが、少しくらいならさほど問題はないでしょう。

酵素は50度以上のお湯で栄養素が破壊されるので、これが入っている青汁はお湯で割らない方がいいですね。

このように含まれる栄養素によってはお湯で割っても何ら問題がないものもあるので、自分で調べたり、問い合わせして確かめてみてください。

製法によっても違いがある

それから青汁の製法によっても違います。

加熱処理非加熱処理で作った青汁がありますが、非加熱処理の青汁はお湯で割って飲まない方がいいかもしれないですね。

非加熱処理のものは加熱しない理由があって、お湯で温めるとせっかく非加熱処理しているのに栄養素が壊れてしまう場合が多いのです。

この製法の違いによってもお湯で割ってもいいものと、割ってはいけないものがあるので、その点も確かめてみましょう。

お湯で飲むメリットはないの?

青汁をお湯で割ることは決して悪いことではありません。

温めて飲んだ方が消化吸収が良くなるのでメリットもあるのです。

温めたらすべての栄養素がなくなってしまうわけでははく、なくなるのはほんの一部の栄養素です。

ですから全く栄養が取れなくなるのではないので、ご安心ください。

一番いいのはその青汁の会社に問い合わせて聞いてみることですね。

「お湯で割っても大丈夫ですよ」と言われる青汁はお湯割りOKなのです。

是非ご確認して温かいお湯で割って青汁を味わいましょう

コメントはまだありません

コメントは受け付けていません。