青汁をいつ飲むと効果的?目的によって効果的なタイミングが異なる

2017年5月18日


緑葉野菜を絞った汁を「青汁」と呼んでいて、ダイエット、美容に、健康にと、様々な効果が期待出来ます。

青汁の色は、濃い緑であり、味が苦いという昔ながらのイメージがありますが、最近ではフルーティーな味付けになっている商品があるなど工夫されていて、女性でも飲みやすいものとなっています。

それでダイエット、美容、健康と色々な目的で青汁を飲み続ける女性が増えてきていますが、いつ飲むのが効果的なのか分からない人も少なくないでしょう。

そこで青汁は、いつ飲むと効果的なのかを考えていきたいと思います。

おすすめリンク:寝る前以外にもお勧めなタイミングがある!青汁を飲むのはいつがいい?

ダイエットをしたい時は置き換えで飲むのが効果的

ダイエット目的で青汁を飲む時は、カロリーを抑える必要があるので、食事を青汁に置き換えて飲むのが効果的です。

3食全ての食事を置き換えてしまうと体に負担がかかってしまうので、3食の中の1食だけ青汁に置き換えて残りの2食は腹八分に抑えて食べるようにします。

脂肪が蓄積されやすいのが夜なので夕食を青汁に置き換えるのが一番効果的です。

しかし夕食を青汁に置き換えると、就寝前に空腹感が出て、夜食を食べてしまう可能性もあるので、朝食を青汁に置き換える方法でも効果的です。

美容目的の時は空腹時に飲むのが効果的

美容目的で青汁を飲む時は、体への吸収力を高めると効果が出やすくなります。

ではいつ飲むと体への吸収力が高まるのかというと、一番効果的なのは食べ物が消化されていない空腹時です。

食べ物が消化されている時に飲んでしまうと、体への吸収力が低下してしまうので効果が半減してしまいます。

体への吸収力を高めるには、食べ物が消化されていない空腹時に合わせて青汁を飲むようにしましょう。

便秘解消をしたい時は朝起きた時に飲むと効果的

寝ている間は体内に蓄積された老廃物を浄化してくれるので、朝起きた時に青汁を飲むと腸の動きが活発になってお通じが良くなります。

それにより便秘が解消されていくので、毎日朝起きた時に青汁を1杯飲む習慣をつけておくといいでしょう。

青汁は目的によって、飲むと効果的なタイミングが異なってくるので、しっかり把握してから飲むようにしましょう。

コメントはまだありません

コメントは受け付けていません。